美女賛歌ブログ「エンジェルの微笑み」

古今東西の美人・美女・可愛い人のニュース・話題・情報・雑感などをお知らせしています。

スポンサーリンク

モデルの知花くらら(35)第63回角川短歌賞で佳作受賞

モデルの知花くらら(35)第63回角川短歌賞で佳作受賞

角川文化振興財団主催の第63回角川短歌賞で、モデルの知花くらら(35)カン・ハンナ(36)が入選したことが26日、分かった。25日発行の雑誌「短歌」(同財団)で発表された。
 昭和30年に創設された同賞は、短歌の新人の登竜門として多くの人々に目標にされる権威あるもので、歌人の俵万智氏も昭和61年第32回に大賞を受賞している。

 知花くららは「31文字の世界に魅せられて四年余、今回の応募は自分への挑戦でもありました。学ぶところが大きく、課題も多く見つかりました。受賞の報せを受けて、とてもうれしい驚きでいっぱいです」と受賞に喜び。「一人の女性として、人生における出会いに付箋を貼るように、これからも大好きな歌を続けていきたいと思います。ここまでご指導下さった先生方や関係者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」と感謝を伝えた。

 独学で短歌を作り始めた知花くららは、2015年から16年まで『週刊朝日』の連載(月1回)で、宮中歌会始の儀や朝日歌壇の選者で近現代短歌の第一人者である永田和宏氏に歌の作り方を教わってきた。
 その連載が書籍化されることも決定。字余りなどの破調やリフレイン、形容詞や詞書の使い方など、歌を詠むにあたって初心者が抱く素朴な疑問から、日常で歌を詠むポイント、歌人としての心得など、知花と一緒に学びながら成長していける短歌の入門書となっている。

 次席に次ぐ佳作だった知花くららさんの「ナイルパーチの鱗(うろこ)」50首は、〈こめかみに刺さる視線 錆(さ)びたねぢをばらまいたやうな難民キャンプで〉など、国連の世界食糧計画(WFP)の日本大使として、シリア難民の支援に携わった経験を詠んだ。

知花くららは「国連の活動での出会いが歌を詠む原動力になった。これからも大好きな歌を続けていきたい」とコメントしている。

 ハンナはソウル生まれ。韓国でキャスターやモデルとして活動後、来日した。横浜国立大の大学院に通いながらタレント活動をし、NHKの短歌番組にも出演。

大賞に次ぐ次席に選ばれた「膨らんだ風船抱いて」50首は、〈「竹島」と「靖国神社」を聞くごとに水を飲んでも止(や)まぬしゃっくり〉など日韓の複雑な関係を自らに引き付けた点が、評価された。
 ハンナは「日本に来て短歌に出会えて本当に良かった。美しい日本語の魅力を世界にも発信していきたい」。

 応募総数607編のうち、予選を通過した30編を、作者名を伏せて選考。睦月都さん(26)の「十七月の娘たち」50首が大賞に選ばれたことは、8月末に先行して発表された。

★知花 くらら(ちばな くらら、1982年3月27日[1] - )は、日本のファッションモデル。沖縄県那覇市出身。テンカラット所属。
出身地  日本 沖縄県
血液型 A型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 173 cm / ― kg
スリーサイズ バスト90センチ - ウエスト60センチ - ヒップ90 cm
股下 / 身長比 88 cm / 50.9 %
身長 / 体重 5′ 9″ / ― lb
measurements 35 - 24 - 35 in
股下35 ″

◆人物・略歴
大学在学中に、フランス映画への興味から9ヶ月間のフランス留学歴あり。また、フランス留学中にフラメンコを学びに3ヶ月間スペインに滞在していた経験がある。


2006年4月25日 - 「ミス・ユニバース・ジャパン」に選出される。

2006年7月 - 「ミス・ユニバース2006世界大会(第55回大会)」総合第2位。7月18日のナショナルコスチューム(民族衣装)審査では、戦国武将の甲冑をアレンジした衣装を披露。

2006年ミス・ユニバース世界大会のトップ5だけが参加できる「クエスチョン&アンサー」の際には、自ら司会者のマイクを受け取り、スペイン語と英語でアピールした。

2007年1月 - WFP(国際連合世界食糧計画)オフィシャルサポーターに就任。

2007年よりWFP(国際連合世界食糧計画)のオフィシャルサポーターとしてアフリカ、アジア各地への訪問の機会が増えている。

家族構成は両親と弟。ガレッジセールのゴリは、再従兄(それぞれの父親が従兄弟同士)にあたる。また、りんけんバンドの照屋林賢は従叔父、照屋林助は大叔父にあたる。しかし、ゴリは「メレンゲの気持ち」(2007年3月10日放送)で本人に言われるまで全く知らなかったという。

2013年より短歌を作り始め、塔短歌会に所属している。2017年の第63回角川短歌賞では「ナイルパーチの鱗」50首で佳作を受賞した

10月22日は世界一美しすぎる女優カトリーヌ・ドヌーヴの誕生日

10月22日はカトリーヌ・ドヌーヴの誕生日
カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve, 1943年10月22日 - )はフランス・パリ出身の女優である。

本名はカトリーヌ・ファビエンヌ・ドルレアック(Catherine Fabienne Dorleac)、「ドヌーヴ」は母の旧姓。

Catherine Deneuve weight:  160 pounds.
Catherine Deneuve bra cup size:  34D.
Catherine Deneuve height:  5" 6'.

父モーリス・ドルレアック、母レネ・シモント、夭折した姉フランソワーズ・ドルレアックは皆俳優であり、子供のクリスチャン・ヴァディムとキアラ・マストロヤンニも俳優の道に進んでいる。
匂い立つような妖艶さが魅力で60年代後半には“世界最高の美女”として謳われている。
10代のころから映画に出始める。本格デビューは60年の“Les Portes claquent”。翌年「パリジェンヌ」の第4話に出演。62年には「悪徳の栄え」で大注目を受け、ミュージカル映画『シェルブールの雨傘』のヒットで世界的スターの座をつかむ。
1992年の『インドシナ』で米国アカデミー賞主演女優賞にノミネート。1998年の『ヴァンドーム広場』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞。
プライベートでは1961年から交際を始めた映画監督のロジェ・ヴァディムとの間に息子クリスチャン(1963年生まれ)を儲けたが、1965年にイギリスの写真家デビッド・ベイリーと結婚した。しかしベイリーとの結婚はヴァディムがジェーン・フォンダの元に走ったことにショックを受け、自暴自棄になり衝動的に行ったもので、ベイリーへの愛情は持っておらず、結局結婚生活を維持できなくなり1972年に離婚した。その後に俳優のマルチェロ・マストロヤンニとの間に、娘キアラを儲けている。
ヴァディム、マストロヤンニと正式な婚姻関係になることは諸事情のためいずれもかなわなかった。
しかし、マストロヤンニとは晩年までキアラ共々交流があり、1996年のマストロヤンニの臨終の時にもキアラと共に立会った。

フランスの世界的ブランドであるイヴ・サン=ローランの顧客としても有名。
2007年2月25日(日本時間26日)、第79回米国アカデミー賞授賞式に出席し、日本の渡辺謙と2人で非英語圏俳優代表として舞台に立ち、賞が設定されて50周年を迎えた外国語映画賞の歴史を紹介した。
そして、アカデミー賞から約2週間後の3月14日に、フランス映画祭2007の代表団長として10年ぶりに来日した。
2010年2月、3年ぶりに来日。同年10月にも第23回東京国際映画祭のため来日している



◆受賞
カンヌ国際映画祭
パルム・ドール名誉賞
2005年 フランス映画界への長年の功績に対して
審査員特別賞
2008年 長年の功績に対して
ヴェネツィア国際映画祭
女優賞
1998年『ヴァンドーム広場』
ベルリン国際映画祭
銀熊賞
2002年『8人の女たち』
名誉金熊賞
1998年 長年の功績に対して
ヨーロッパ映画賞
女優賞
2002年『8人の女たち』
生涯貢献賞
2013年 長年の映画界への貢献に対して
全米映画批評家協会賞
主演女優賞
1992年『インドシナ』
セザール賞
主演女優賞
1980年『終電車』
1992年『インドシナ』

※「カトリーヌ・ドヌーヴ」という品種名の薔薇がある。

【フィルモグラフィー】
ルージュの手紙 (2017)
出演

太陽のめざめ (2015)
出演
判事
神様メール (2015)
出演
マルティーヌ
愛しすぎた男 37年の疑惑 (2014)<未>
出演
ルネ・ルルー
3つの心 あのときもしも (2014)<未>
出演
ベルガー夫人
ミス・ブルターニュの恋 (2013)<未>
出演
ベティ
アステリックスの冒険 秘薬を守る戦い (2012)<未>
出演
ブリテンの女王
皇帝と公爵 (2012)
出演

愛のあしあと (2011)
出演

ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者 (2010)<未>
出演
アンヌ
しあわせの雨傘 (2010)
出演
スザンヌ・ピュジョル
隠された日記 母たち、娘たち (2009)
出演
マルティーヌ
クリスマス・ストーリー (2008)
出演
ジュノン
アニエスの浜辺 (2008)
出演

ペルセポリス (2007) 
声の出演
マルジの母、タージ
NIP/TUCK マイアミ整形外科医 (シーズン4) (2006)<TV>
ゲスト出演

輝ける女たち (2006)
出演
アリス
ストーン・カウンシル (2005)
出演
シビル・ヴェベール
キングス&クイーン (2004)
出演
ヴァッセ
危険な関係 (2003)<TVM>
出演

永遠(とわ)の語らい (2003)
出演
デルフィーヌ
逢いたくて (2002)
出演
ファネット
8人の女たち (2002)
出演
ギャビー(妻)
プセの冒険 真紅の魔法靴 (2001)<未>
出演

雲 息子への手紙 (2001)
ナレーション

家路 (2001)
出演
舞台《瀕死の王》の王妃マルグリット役の女優
ヤング・ブラッド (2001)
出演
フランス女王
イースト/ウェスト 遙かなる祖国 (2000)
出演
女優ガブリエル
ダンサー・イン・ザ・ダーク (2000)
出演
キャシー
夜風の匂い (1999)
出演
エレーヌ
見出された時-「失われた時を求めて」より- (1999)
出演

ポーラX (1999)
出演
母親マリー
ヴァンドーム広場 (1998)
出演

フェアリー・テイル (1996)<TVM>
出演

犯罪の系譜 (1996)<未>
出演

夜の子供たち (1996)
出演

メフィストの誘い (1995)
出演

百一夜 (1994)
出演

私の好きな季節 (1993)
出演

インドシナ (1992)
出演

恋路 (1991)
出演

夜のめぐり逢い (1988)
出演

夜を殺した女 (1986)<未>
出演

女たちのテーブル (1985)
出演

残火 (1984)<未>
出演

フォート・サガン (1984)
出演

ハンガー (1983)
出演

最後の標的 (1982)<未>
出演
クレア
海辺のホテルにて (1981)
出演

終電車 (1980)
出演

夢追い (1979)
出演

銀行 (1978)
出演

外人部隊フォスター少佐の栄光 (1977)<未>
出演
シモーヌ
ジョディ・フォスター/避暑地のラブ・ストーリー (1977)<未>
出演

愛よもう一度 (1976)
出演

ヘルバスター (1975)<未>
出演

うず潮 (1975)
出演

ハッスル (1975)
出演

恋のモンマルトル (1975)
出演

哀しみの伯爵夫人 (1974)
出演

赤いブーツの女 (1974)
出演

モン・パリ (1973)
出演

リスボン特急 (1972)
出演
カティ
ひきしお (1971)
出演

哀しみの終るとき (1971)
出演

ロバと王女 (1970)
出演

哀しみのトリスターナ (1970)
出演

幸せはパリで (1969)
出演

暗くなるまでこの恋を (1969)
出演

うたかたの恋 (1969)
出演

別離 (1968)
出演

めざめ (1968)
出演

恋のマノン (1967)
出演

昼顔 (1967)
出演
セブリーヌ
城の生活 (1966)
出演

ロシュフォールの恋人たち (1966)
出演

かげろうの詩 (1965)<未>
出演

世界の歌 (1965)<未>
出演

男を追って (1964)<未>
出演

ピストン野郎 (1964)
出演

反撥 (1964)
出演

世界詐欺物語 (1964)
出演

シェルブールの雨傘 (1963)
出演
ジュヌヴィエーヴ・エムリ
悪徳の栄え (1962)
出演

パリジェンヌ (1961)

色気を含んだ美貌で世界にその名をはせた女優ダニエル・ダリューが10月17日100歳で死去 

フランスの大女優ダニエル・ダリューさんが10月17日(現地時間)、パリ郊外ボワ=ル=ロワにある自宅で死去した。享年100歳だった。死因は明らかになっていないが、ダリューさんは99歳まで女優活動を続けていたが、つい最近転倒し、体調を崩していたとダリューさんのパートナーが語っている。
 仏南西部ボルドー生まれ。30年代から女優として活躍。映画「うたかたの恋」(36年)で世界的な人気を博し、長崎を舞台とする日仏合作映画「忘れえぬ慕情」(56年)にも出演した。

ダニエル・ダリュー


 今世紀に入ってからも活動を続け、女優としてのキャリアは約80年に及んだ。
ダリューさんは1938年の米ハリウッド(Hollywood)作品『巴里(パリ)の評判娘(The Rage of Paris)』でダグラス・フェアバンクス・ジュニア(Douglas Fairbanks Jr)の相手役を務め、色気を含んだ美貌とすねたような表情を見せて一躍世界にその名をはせた。仏紙フィガロは「晩年も魅力を維持し続けた伝説的な女優だ」と評している。

1917年5月1日に仏ボルドーで生まれ、パリで育ったダリューさんは、14歳のときにビルヘルム・ティーレ監督の「Le Bal(原題)」で女優デビュー。35年に結婚したアンリ・ドコアン監督の「背信」などに主演した。38年にはハリウッドに渡り、ユニバーサルの「パリの評判娘」に出演したが、その後まもなく拠点をフランスに戻した。
報道によれば、第2次世界大戦中は、ナチス・ドイツ支配下のフランスで芸能活動を続け、ベルリンを訪問するなど非難を受けたこともあったという。
終戦後は、マックス・オフュルス監督の「輪舞(1950)」や、「たそがれの女心」(54)でヒロインのマダム・ド役で名を馳せ、クロード・オータン=ララ監督の「赤と黒」(54)や、ジュリアン・デュビビエ監督の「自殺への契約書」(59)などで活躍。
ジョセフ・L・マンキウィッツ監督の「五本の指」(52)、ロバート・ロッセン監督、リチャード・バートン主演「アレキサンダー大王」(56)などアメリカ作品にも出演した。
ジャック・ドゥミ監督の傑作ミュージカル映画「ロシュフォールの恋人たち」(67)では、主人公の双子の姉妹の母親役をチャーミングに演じ新境地を開拓。
フランソワ・オゾン監督のオールスターミュージカル「8人の女たち」では後続の仏女優たちと見事なアンサンブルを披露した。80年におよぶキャリアで約140本の映画に出演し、ブロードウェイの舞台にも立った。
2007年にはアニメ作品『ペルセポリス(Persepolis)』に声優として出演し、主人公の祖母役を務めた。
2010年のファミリードラマ「Piece montee(原題)」が最後の長編作品となった。
私生活では、ドコアン監督と40年に離婚し、ドミニカ共和国外交官でプレイボーイとして知られたポルフィリオ・ルビロサと42年から5年間結婚生活を送った。その後、再婚した脚本家のジョルジュ・ミツィキデとは91年に死別した。

★ダニエル・ダリュー(Danielle Darrieux, 本名: ダニエル・イボンヌ・マリー・アントワネット・ダリュー, 1917年5月1日 - 2017年10月17日)は、ボルドー生まれのフランス女優。現在まで110以上の映画に出演しているフランス古典派美人女優の代表格。

来歴
医者の娘としてフランス南西部で生まれる。
その父親は第一次世界大戦の間、フランス軍に勤めていたが、彼女が7歳の時死んだ。ダリューはその後パリで育って、音楽学校でチェロを学んだ。
14歳の時、『ル・バル』 (1931) の主役で映画デビュー。1936年、シャルル・ボワイエと共演した『うたかたの恋』で悲恋の令嬢マリーを演じ、一躍国際的なスターとなる。
第二次世界大戦の間、フランスがドイツ軍占領下にもかかわらず、しばらく演劇活動を続けたため、彼女は同胞によってひどく批判された。しかし、映画会社から、ドイツに彼女の兄弟を追放すると脅迫されていたので、ダリューは従わざるを得なかった。
戦後は、『輪舞』 (1950)、『赤と黒』 (1954)、『チャタレイ夫人の恋人』 (1955) のような文芸作品で人気を博した。ただし、『チャタレイ夫人の恋人』は、そのエロチックな内容のため、アメリカではカトリック検閲官によって放映禁止となった。
1960年代には歌手としてコンサート活動を行い、レコードも出している。1970年にはブロードウェイ・ミュージカル『Coco』にキャサリン・ヘプバーンの代役として主演。1980年代にはパリの劇場でミュージカル『ジジ』を演じている。
1930年代初頭から21世紀の現在に至るまでの、その80年間に及ぶ長いキャリアは、ミシュリーヌ・プレールを凌ぐ。
1962年、レジオンドヌール勲章を受勲。1985年度の第10回セザール賞で名誉賞を受賞。
1999年、アメリカ映画協会の選ぶ「伝説の映画スター100人(男優50人・女優50人)」の中には選ばれなかったが、その選考の際ノミネートされた500人(男優250人・女優250人)のリストには入った。
そのリストの中でフランス映画女優としては他にアナベラ、シモーヌ・シモンのみであり、ノミネートされた中で彼女は数少ない存命かつ現役俳優の1人だった。ちなみにダリュー自身はアメリカ映画に4本、イギリス映画に1本出演しただけである。
2002年には、新鋭フランソワ・オゾン監督の映画『8人の女たち』に出演。歌と踊りも披露して、80代でもフランス映画界の現役女優であることを全世界に示した。この作品でカトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアールら他の7人の共演女優たちと共にベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した。その後も映画出演を続けている。
プライベートでは1935年に映画監督・脚本家のアンリ・ドコワンと結婚するが1941年に離婚。ドコワンはしばしば自分の製作する作品にダリューを主演させて、彼女の映画経歴を助けた。また、彼はハリウッド映画に進出するよう妻に促したが、ダリューはほんの短期間アメリカで活動した後すぐにフランスに戻った。
1942年に、ドミニカ共和国外交官で悪名高い女たらしのポルフィリオ・ルビロサと結婚するが、ルビロサは彼の反ナチ的な意見のためドイツへ強制移住させられた。ダリューは夫の解放と引きかえに、女優としてベルリンでプロモーション旅行をした。彼らは戦争の終わりまでスイスに住んで1947年に離婚。
1948年に結婚したジョルジュ・ミトキシデスとは、彼の亡くなる1991年まで連れ添った。
2002年の「8人の女たち」では、カトリーヌ・ドヌーヴなど共演した7人の女優と共にベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞している。

☆彡フィルモグラフィー
ペルセポリス (2007) 
声の出演
マルジの祖母
ゼロ時間の謎 (2007)
出演
カミーラ・トレシリアン
危険な関係 (2003)<TVM>
出演

8人の女たち (2002)
出演
マミー(妻の母)カトリーヌ・ドヌーヴなど共演した7人の女優と共にベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞している。ヨーロッパ映画賞 女優賞 受賞(8人の女優に対して)
僕と一緒に幾日か (1988)
出演

夜を殺した女 (1986)<未>
出演

肉体と財産 (1986)
出演

都会のひと部屋 (1982)<未>
出演

脱獄の報酬 (1976)<未>
出演

哀愁のみずうみ (1968)
出演

ペルーの鳥 (1968)
出演

ロシュフォールの恋人たち (1966)
出演

青髭 (1963)<未>
出演

二重生活 (1963)<未>
出演

悪い女 (1963)
出演

フランス式十戒 (1962)
出演

女になる季節 (1961)
出演

45回転の殺人 (1960)
出演

いまだ見ぬひと (1959)
出演

自殺への契約書 (1958)
出演

夜の放蕩者 (1958)
出演

奥様ご用心 (1957)
出演

忘れえぬ慕情 (1956)
出演

アレキサンダー大王 (1956)
出演

チャタレイ夫人の恋人 (1955)
出演

ナポレオン (1954)
出演

赤と黒 (1954)
出演
レナール夫人
たそがれの女心 (1953)
出演

愛すべき御婦人たち (1952)
出演

快楽 (1952)
出演

五本の指 (1952)
出演

輪舞 (1950)
出演

モロッコ守備隊 (1947)
出演

ルイ・ブラス (1947)
出演

カチアの恋 (1938)
出演

暁に帰る (1938)
出演

巴里の評判娘 (1938)
出演

背信 (1937)
出演

不良青年 (1936)
出演

うたかたの戀 (1935)
出演

恋愛交叉点 (1935)
出演

旅順港 (1935)
出演

禁男の家 (1935)
出演

隊長ブーリバ (1935)
出演

不景気よさようなら (1934)
出演

ル・バル (1931)
出演
livedoor プロフィール
スポンサーリンク
ギャラリー
  • モデルの知花くらら(35)第63回角川短歌賞で佳作受賞
  • 10月22日は世界一美しすぎる女優カトリーヌ・ドヌーヴの誕生日
  • 色気を含んだ美貌で世界にその名をはせた女優ダニエル・ダリューが10月17日100歳で死去 
  • 『モダン・ファミリー』でお馴染みのソフィア・ベルガラが世界で最も稼いだテレビ女優に選ばれる
  • 『モダン・ファミリー』でお馴染みのソフィア・ベルガラが世界で最も稼いだテレビ女優に選ばれる
  • 『モダン・ファミリー』でお馴染みのソフィア・ベルガラが世界で最も稼いだテレビ女優に選ばれる
  • 『モダン・ファミリー』でお馴染みのソフィア・ベルガラが世界で最も稼いだテレビ女優に選ばれる
  • 10月18日は「日曜はダメよ」のメリナ・メルクーリの誕生日
  • ヴィヴィアン・リーVivien Leighと映画「風とともに去りぬ」
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ